大学と接続した新しい学びの創造 仙台城南高等学校

概要

情報化社会で求められる
視野を広げて探求しながら取捨選択できる力を養う

ますます高度化する情報社会に対応できる「情報活用能力」を養い、ICT技術を通じて効率的に自己表現する手段を早い段階から身につけることは、これからを生きる生徒一人ひとりにとって重要なテーマです。
仙台城南高校では全国でもいち早くICT教育に取り組んでおり、授業のわかりやすさにつながるだけでなく、先生やクラスメイト、部活動や委員会のメンバーとのコミュニケーションにも活かされています。

*Information and Communication Technology(情報通信技術)の略

ICT教育の実践

情報の"分析力と活用力"
を磨いていく

  • 「もっと知りたい」気持ちが学力向上と知識の定着につながる

    情報が溢れる現代だからこそ、膨大なデータの中から必要な情報を「的確に集める力」「分析しまとめる力」「分かりやすく表現する力」、即ち「情報リテラシー」を身につけることが重要であり、そのため の手法として「ICT」を取り入れています。

  • なぜ高校教育にICTが必要なの?

    高校教育における「ICT」の活用が優れているのは、必要な情報にすばやくアクセスできる効率性はもちろん、「興味関心のあることを深める」「新しい感性や情報に触れる」など、最も多感ともいえる時期に、自発的に自分の視野を大きく広げられる点にあります。本校では、情報の正しい扱い方を踏まえた上で、授業を中心に積極的に活用しています。

  • 情報化社会で求められる視野を広げて
    探究しながら取捨選択できる力を養う

    ますます高度化する情報社会に対応できる「情報活用能力」を養い、ICT技術を通じて効率的に自己表現する手段を早い段階から身につけることは、これからを生きる生徒一人ひとりにとって重要なテーマです。仙台城南高校では全国でもいち早くICT教育に取り組んでおり、授業のわかりやすさにつながるだけでなく、先生やクラスメイト、部活動や委員会のメンバーとのコミュニケーションにも活かされています。

4つの最先端

1人1台導入。リクルートが提供する個別学習支援システム「スタディサプリ」で学習状況を管理。

タブレット端末を活かすためのインフラ整備を徹底。全HR教室にWi-Fiだけでなく、プロジェクタ―とスクリーンを設置。

通常の授業の中で多くの情報に「自分の意志で」深く関わる機会を創出。「探究心」を育成。

生徒の発表の機会を増やす授業を展開。タブレット端末や学内の設備を最大限に活用。

グローバル教育の実践・概要

国際的視野で"課題発見力"を高める

  • 舞台が世界に広がっても歩み続けていくために
    国際感覚を身につける

    本校では、生徒が世界に視野を大きく広げるため、海外での研修旅行や留学はもちろん、東北工業大学の留学生や海外姉妹校との交流など、教室にいながら世界に触れる機会を数多く設けています。

  • コミュニケーション英語の強化

    世界で広く活躍するために必要不可欠な英語力を身につけるため、大学受験に通用するだけでなく「英語でコミュニケーションがとれること」を大きな目標とした英語教育を行っています。

  • 海外研修旅行

    2年生を対象に海外への研修旅行を計画。事前の語学研修はもちろん、渡航先でも歴史や文化について理解を深めるプログラムが用意されており、研修における成果を最大限引き出せるよう支援しています。

  • 台湾の高級中学校生との交流

    台湾にある南寧高級中学校、新竹高級工業職業学校の生徒と教職員が本校に来校し、本校生徒達と交流を行いました。お互いの学校を紹介し、本校の空手道部員による形の演舞、ダンス部員によるパフォーマンスを披露しました。茶道部生徒との茶道体験、巻き寿司の調理体験、そして本校の中国語、デザイン演習、体育(ダンス)の授業に参加していただきました。生徒同士の意見交換会は大いに盛り上がり、親睦を深めました。(2019年)

  • 八木山地区に在住する外国人の方と交流

    日本語や英語でコミュケーションを取ったり、日本で困っていることに関して相談を受けながら活動を行いました。(八木山市民センター 日本語ティールーム)(2019年)

  • 海外大学への留学支援

    海外大学への留学支援にも力を入れており、台湾の大学へ留学しています。(2019年)

  • SDGsについて

    国連の掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の考え方を積極的に取り入れています。校内研修会や「授業づくり研究委員会」を通じて教職員が互いに学び合い、今年度は英語、数学、現代文、物理、地理、家庭、工業等の授業で,教科の内容とSDGsのゴールを関連づけた工夫に挑戦しました。