TOP > 教育方針 > 学校3像
学校3像

学校3像

概要

仙台城南高校学校3像

子どもは、両親や家族を喜ばせるために生まれ、成長してからは社会に役立つために生まれてきた。本校生徒は、未来社会から本校に遣わされた留学生である。本校における3年間の学びを通して、未来地球の様々な課題解決に関わりながら、意欲的に生きるための基礎や基本を身につけることが、彼らの使命である。 よって本校の役割は、本校の指導と生徒自らの学びで生まれた価値を、生徒が無限に持つ様々な「引きだし」に、整然としかもいつでも使えるようにきちんと折りたたみ、しまってあげることにあり、3年後、その成果を身につけた生徒を自信を持って未来社会にお返しすることである。本校は、未来に生きる「ひとづくり」学校である。

以下、その実現のために「仙台城南高等学校3像」を定める。

1 学校像「学校の存在が地域の誇りとなる」
  • (1)常に時代の要請にこたえる教育課程がある学校である。
  • (2)未来社会が求める「人間力(生徒像)」を重視した教育活動を展開する学校である。
  • (3)生徒一人ひとりの個性を伸張させ、全ての生徒の進路目標を実現させる学校である。
  • (4)地域社会から愛され、生徒・保護者に信頼される学校である。
2 教師像「学びつづける教師である」
  • (1)人間性豊かで、生徒のためにある教師である。
  • (2)私学である本校の「学校像・生徒像・教師像」の求める方向を肯定し、
    それぞれが与えられた職務に邁進する教師である。
  • (3)専門性の向上のために、日々自らを叱咤激励し、自らに投資しつづける教師である。
  • (4)生徒・保護者・教職員および地域社会から信頼される教師である。
3 生徒像「本校校訓の意味を深く理解できる生徒である」

○規律・・規律を守り秩序を尊ぶこと
○清廉・・心が清く行いが正しいこと
○節度・・区切り正しくかたよらず万事にほどよいこと

  • (1)正しい判断力を身につけて、主体的で意欲的に行動する生徒である。
  • (2)感謝する心を持ち、さわやかなあいさつができる生徒である。
  • (3)社会における人間としてのあるべき姿を理解している生徒である。
  • 【施設・環境紹介】
  • 【進路状況】