TOP > 教育方針 > 大学と接続した学び
大学と接続した学び

大学と接続した学び

城南のマナビ1城南のマナビ1

概要

大学と接続した学びで将来の可能性を広げる

東北工業大学と連携した学びの機会を設けて、専門性の高い学びを通しての成長と、自らの将来性を考えるきっかけの一つとします。

興味・関心

学問のさまざまな分野に触れることで、自己の新たな興味・関心を発見し、考える。

視点

生活の身近にあるものすべてが今の学びの延長にあることを確認し、日常の物事を見る視点を養う。

意識

早い段階から将来を意識することで、自己の志望を考え、進学意識を高めていくことができる。

大学との連携

学科ごとの大学説明会・大学の施設を利用
アカデミックインターンシップ

2年次後期・6か月間

課外授業の一貫として、希望する城南生が東北工業大学の研究室で研究活動に参加するものです。

大学での課外授業の一例
  • ・工学部/
    電気電子工学科
    C言語を用いたプログラミング技術の研修
  • ・工学部/
    建築学科
    設備の可視化により従来と異なった空間の魅力を表現し、デザインする
  • ・ライフデザイン部/
    クリエイティブデザイン学科
    オリジナルのスマートフォンデザイン作成
テクノフォーラム

1~3年次・学年学科別

大学のオープンキャンパスなどと合同開催。城南生だけが参加できる特別イベントです。各学年・学科ごとにテーマが設定され、大学の学びをさまざまな角度から体験できます。

「テーマ・課題研究」指導

探究科の「探究学習」や科学技術科の「課題研究」で東北工業大学の先生方と本校の教員が協力して、研究テーマ(課題)の設定や研究方法等について指導します。また、生徒の研究内容に対して、大学の先生方から直接アドバイスしてもらう機会をたくさん取り入れています。

内部推薦制度

必要な条件を満たす城南生が、受験料なしで東北工業大学を受験できる制度です。評定だけではなく、高校生活の様々な成果や実績も評価対象となり、自分らしさを活かして進学できるのが特長です。

教科の評定
ポイント評価

大学推薦ポイントテスト(2年次2回・3年次1回) ・ 課外活動 ・ 資格の取得 ・ 部活動実績 など

プレゼン方式の面接
その他入学試験
  • ・AOVA入試(AO入試)(「書類審査」、「小論文」と「面接」を総合評価)
  • ・公募制推薦入試(平成28年度入試よりスタート)
  • ・専門高校入試
  • ・一般入試(A・B日程)
  • ・大学入試センター試験利用入試(1期・2期)
今年は、114名の生徒が
東北工業大学に合格しました。
東北工業大学
  • 工学部
  • ・電気電子工学科
  • ・情報通信工学科
  • ・建築学科
  • ・都市マネジメント学科
  • ・環境エネルギー学科
  • ライフデザイン学部
  • ・クリエイティブデザイン学科
  • ・安全安心生活デザイン学科
  • ・経営コミュニケーション学科

大学連携例

『科学技術科』は7年間の一貫教育でスペシャリストを目指す
科学技術科は東北工業大学と密接に連携し、最先端の設備を利用した実習を行っています。
科学技術科 科学技術科

大切な高校時代を仙台城南高校で過ごそう!

東北工業大学 学長 今野 弘
 

東北工業大学 学長 今野 弘 東北工業大学 学長 今野 弘

仙台城南高校と東北工業大学は兄弟校、姉妹校であり、仙台城南高校に入学した皆さんを高校と大学が協力して教育する態勢が整っています。生徒の皆さんが、高校の授業の中で、大学教員の指導に直接そして日常的に触れることができる点が仙台城南高校の最大の特徴であり魅力です。つまり、高校にいながらにして、大学の高度な知識や技術に触れることができ、また、そのことが逆に高校での学びの重要性に気付くことにつながります。このような高校時代における体験は、自分自身の人生に対する強い目的意識と、日常的な学習習慣やさらなる勉学の意欲の醸成に大きなインパクトを与える機会となるはずです。東北工業大学は仙台城南高校で学ぶ生徒の皆さんを全面的に支援します。頑張ってください。

  • 【施設・環境紹介】
  • 【進路状況】