TOP > 学科紹介 > 科学技術科 > 電力技術コース
科学技術科

科学技術科 電力技術コース

電力技術コース 電力技術コース
電力を供給するインフラ整備に関わる実践的な学び
電力を供給するインフラ整備に関わる実践的な学び

コースの特徴

2つのポイント
point1 point1

電気・電子の基礎を学び
未来の電気エンジニアを目指す

電力を効率的に届けるためのインフラ開発もエネルギー問題の課題の一つ。多彩な実習を通じて電力技術の知識と技術を学び、電力・電気工事の基礎をしっかりと身につけます。

point2 point2

東北工業大学と連携した
実習を展開

3年次の必須実習として、環境エネルギー学科の実習室にて、太陽電池や風力発電などの実習を行います。実際に装置を使いながら、自然エネルギーの知識や技術を学びます。


資格

コースで取得できる資格
規定の単位取得と3年間の実務経験で試験免除
  • 【国家資格】第3種電気主任技術者
取得を奨励
  • 第2種電気工事士
  • 第1種電気工事士 など

電気・電子に関わる実践的な力は、
より専門的な技術を必要とする場面で活かされます。

電気・電子に関わる実践的な力は、より専門的な技術を必要とする場面で活かされます。
進学
  • 工業系大学[電気工学系]
就職
  • ㈱ユアテック
  • ㈱ユーメディア
  • ㈱テラテック
  • ㈱ケディカ
  • 山加電業㈱
  • 古川電気工業㈱
  • 新桜井電機㈱ 仙台支社
    など

城南生の声

J.Student Voice
実習を重ねて技術を習得 実習を重ねて技術を習得

科学技術科 電力技術コース 
菊地 秀都さん 3年(名取市立みどり台中学校 出身)

震災後、昼夜問わず復旧作業にあたる人たちの仕事ぶりに憧れ、電力のプロになって社会に役立ちたいと考えるようになりました。実習が多く、授業で得た知識を手を動かしながら習得できるのが城南のいいところ。就職に有利な資格取得のサポートも充実しています。


大学連携

大学と連携した学び
▌東北工業大学 工学部 都市マネジメント学科
▌東北工業大学 工学部 環境エネルギー学科
▌東北大学 工学部 電子・情報系

東北大学 
工学博士 松浦 祐司 教授

東北大学工学部は東北大学の理念である「門戸開放主義」に基づき、電力技術コース2年生に対して、発電機の運転や高圧放電の測定実験への協力を行っています。これは、第3種電気主任技術者の資格認定には欠かせない分野です。震災からの復興を目指す若者をバックアップしていきたいと考えています。


トピックス

もっと知りたい 電力技術コース

ワンランク上の専門性

電力技術コースでは、「電気主任技術者(国家資格)養成課程」の認定を受けた一昨年度より、東北大学の最新の設備を使用した実習が必修授業のひとつとして行われています。東北大学の高いレベルの技術に触れ、最新の知識を学ぶことができ、モチベーションアップにもつながっています。


電力技術系の国家資格養成講座を開設

平成26年度から国家資格養成課程の認定を受けています。規定の単位を修得し、卒業後3年間の実務経験を積めば「第3種電気主任技術者」が試験免除で取得できます。また、一般住宅の電気工事の必須資格である「第2種電気工事士」の講習受講も本コースの必須。「第1種電気工事士」の取得も支援しています。
※その他の資格取得のための講習はコースによらず受講可能です。


電力技術コースの展示発表

9月5日、城南フェスティバルが開催され、電力技術コースの各生徒も日頃の実習の成果を表現した展示発表を行いました。これまでの授業で実際に研究してきた内容を教室に装飾も施しながら展示し、来場された保護者や近隣の皆様も興味深くご覧になっていました。

  • 【施設・環境紹介】
  • 【進路状況】